親がしてやれること

志望する中学校への合格という目標に向かって、準備を進めている受験生に対して、サポートしてやりたいと考える親は多く見受けられます。家庭における学習環境を整え、受験準備を効率良く進めるために、親によるサポートは大きな役割を果たします。

ただし、たとえ子どものためを思ってのこととは言え、過剰に干渉したり、無理な学習スケジュールを強要したりするなど、不適切な対応をすると、わが子から敬遠され、受験勉強の効率がかえって悪くなるばかりか、親子関係にも悪影響を及ぼすリスクが生じてきますので、注意する必要があります。

また、子どもが分からない問題の解き方を質問したり、受験勉強のことについて相談を持ちかけてきたりした時に、適切な回答や助言、アドバイスを行なうのも親としての責務と言えます。ただし、どんなに子どもに対する思い入れが強かったとしても、受験勉強を行なったり、入学試験を受けたりするのは子ども本人であり、親が代わってやれる訳ではありません。また、受験勉強は親のためではなく、本人の将来のために行なっているものだという自覚をすることが必要となります。そういった事情を考慮に入れ、親は自分の意見を子どもに押し付けないよう、注意が必要です。