偏差値という指標

これから中学受験を控えている生徒にとっての目標は、自分の志望する学校の合格ラインに達する学力を身につけることと言えます。そうした目標を達成するためには、志望校の入学試験の難易度や、現時点における自分の学力を正確に把握することが大切です。

「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」という兵法の格言があるように、受験という戦いの勝者となるためには、越えるべきハードルの高さと、自分の実力を示す客観的な指標をチェックすることが大事になります。そのような受験生のニーズに応えるべく、使用されるケースの多いのが偏差値と呼ばれる指標です。

受験生にとって、模擬試験や定期試験の点数は気になるところです。ただ、それらのテストを受けた後に、点数だけに気を取られていては、現在の自分がいる位置を正しく理解することはできませんので、注意する必要があります。例えば、試験の点数が前回と比べて上がっても、問題の難易度が下がり、平均点が上がって、実際の学力は横ばい、もしくは下がったというケースも存在します。

そのような問題を解決するために、偏差値は、試験の難易度や、全受験生の得点のばらつきといった条件を考慮に入れて計算されています。