繰上げ合格の意味

この先、中学の受験を考えるのであれば、「繰上げ合格」「補欠合格」という言葉の意味・用法を理解しておくことが大切です。これらはどちらも、正規合格者には選抜されなかったものの、後から繰り上がって合格になることを指します。

入学者を受け入れる学校の立場からすれば、定員に達する数の合格者を出すことが必要とされます。ただ、実際の入学試験では、合格したものの、諸々の事情や都合によって、入学を辞退する生徒が存在します。そういった事情から、入学辞退者が出ることを前もって想定した上で、定員よりも多めの合格者を出すことを繰上げ合格、または補欠合格と呼びます。

そのように、繰上げ合格が行なわれる学校の中には、正規合格者を発表する際、繰上げの候補者と順位を発表するところがあります。そうした場合には、自分が候補者に選ばれたか、順位が何番かをチェックすることにより、合格する可能性を推し測ることができます。

そういったシーンでは、あくまでも参考程度の資料として、例年のデーターを利用することが可能です。また、受験した学校へ、電話で直接問合せをするという選択肢も存在しますが、相手方の迷惑にならないよう、電話する頻度や回数には注意する必要があります。