補欠合格の可能性

中学受験する学校によっては、正規合格者に選抜されなくても、繰上げ合格となるケースが存在します。そのように、補欠合格となる可能性を予測することは、その後の試験をどのように受けるか、すでに合格している学校の入学手続きをするかといった問題を考える上で大切になります。よって、受験した学校で、補欠合格制度が採用されている場合には、繰上げ合格者や繰上げ順位、例年のデータ、受験した学校のスタッフ・塾講師から得た情報などを参考にして、合格の可能性を予想しておくことをおすすめします。

ただ、第一志望とされる確率が高く、繰上げ合格者を出さないという学校も見受けられます。また、補欠で合格した場合も、合格であることに変わりはありませんので、正規合格者に対して引け目を感じる必要などはありません。ただ、正規の合格者と比較して、補欠合格者は、入学試験での点数が低かったことは確かです。

「試験は水物」と言われるように、入試の点数だけで、その生徒の学力を判断することはできません。ただ、あくまでも試験の成績だけを参考にすれば、補欠合格者の学力は正規合格者よりも低く、入学後は、それなりに気を引き締めて勉強することが必要になると言えます。