説明会に参加する時期

6年生で、受験を控えている子どもを持つ親は、塾へ通ったり、模擬試験を受けたりする際の送り迎えなど、受験準備のサポートに追われることが想定されます。そういった事情を考慮に入れて、塾の講師から、学校説明会への参加は、子どもが5年生の間に済ませておくようすすめられるケースが多く見受けられます。

確かに、5年の間に説明会へ参加し、志望校を決定しておけば、6年になってから慌てず、ターゲットを絞った受験準備に腰を据えて臨むことが可能となります。ただし、5年の段階では、これから子どもの学力がどのように変化するかなど、不確定な要素が多いために、現実的な志望校選びを行なうことが難しいという問題があります。

そういった事情から、5年の内に志望校を決定する場合、希望的観測から、自分の実力よりも高いレベルの学校を選びがちになります。そのように、高い目標を設定して、そのために頑張るのは受験生にとって、意義深いことと言えます。ただ、設定したハードルが高過ぎると、肝心の実力が及ばずに、志望校の見直しを迫られるという事態を招くこととなります。したがって、5年の内に説明会へ参加する場合には、難度の高いところばかりではなく、多様なレベルの学校を回るのがおすすめです。