中高一貫校の志望

できることなら、受験の苦しみは少しでも減らしたいという生徒が多く見受けられます。そのような願いを叶えるためには、中高一貫校を志望校として、受験準備を進めるという方法があります。中高一貫校では、その名の通り中学・高等学校で一貫した教育体制が敷かれており、中学から高校へ進む時には無試験、もしくはそれに近い形で併設・連携する学校へ進学することが可能となります。そういった事情から、高校進学時に於いて、試験を受ける必要性が基本的に無くなり、負担する時間やエネルギー、コストが軽減されるのはメリットと言えます。

それらの中高一貫校の内、公立の学校では、学力試験ではなく、適性検査と呼ばれるテストが実施されます。こちらの試験と私立中の入試の間には、出題の形式や観点に少しの違いはあります。とは言うものの、公立中の適性検査でも、基本的な学力が必要になるという点では、一般の入学試験と変わりありません。

公立中の適性検査に備えて準備を進める際には、新聞記事や歴史の話題を利用して、資料を読み解く能力を養うことをおすすめします。また、私立中の受験準備を進める時と同じように、過去の入試問題を研究して、適性検査の出題形式に慣れておくことが大事です。