併願日に影響する現象

わが国の首都圏に於いて、中学受験の関係者の間で使われる言葉のひとうに、「サンデーショック」があります。ミッション系の学校が、宗教的行事がある日曜日を避けて入試日を設定することにより、併願スケジュールの作成方法などに大幅な影響がおよぼされることを、サンデーショックと呼びます。

そのように、入試日が分散し、併願の機会が増えることにより、サンデーショックが起こると、合格率が上がるのではないかという期待を持つ人が見受けられます。しかし、この現象が起こったからと言って、各学校の定員や試験の難易度、受験者数などに変動が生じたり、合格の確率がアップしたりするという訳ではありませんので、気をつける必要があります。

ただ、サンデーショックの起こる年には、併願日程の組み方や受験準備の方法に、それなりの変化がもたらされることは間違いありません。この現象が起こる年は、各学校の特色に応じて、幅広い分野を包括した準備を進めることが大切です。また、「ショック」という名称が付せられていますが、暦は前々から決まっております。したがって、自分の受験する年の暦を早い時期にチェックすれば、直前になって慌てることなく、計画的な準備が進められます。