志願倍率などの意味

「志願倍率」「応募倍率」「実質倍率」「実質競争率」などといった言葉が、中学受験の関係者の間で使われることがあります。中学の受験準備を進める上では、それらの言葉の意味・用法を正しく理解しておくことが大切です。

その内、「志願倍率」「応募倍率」はいずれも、出願者数を募集人員の数で割った数値のことを意味します。ただ、実際の入学試験では、願書を出したものの、受験しなかったり、募集人員よりも多くの受験生が合格したりする場合もあります。また、一枚の願書を提出するだけで、複数回の試験に出願することができるケースでは、試験回数の進行に伴い、欠席者が増えるという事例も見受けられます。そういった事情から、志願倍率は、実質倍率と必ずしも一致しません。したがって、志願倍率は、志願者を募集する学校のスタッフが、前年度と今年度の出願状況を比較するためには役に立ちますが、受験生が、試験を受ける学校の難易度を判定するために利用するには無理があります。

その一方で、「実質倍率」「実質競争率」は実際に入試が終わり、合格者数が決定した後で、受験者数を合格者数で割った数値のことで、その名の通り、実質的な競争率を知るために利用することが可能です。