シラバスって何?

私立の中学や高校の学校説明会に参加した際、担当者からシラバスについての話をされたという人が見受けられます。中学受験を考える場合には、この言葉の意味や用法も理解しておくことをおすすめします。

在学中に実施される授業の内容があらかじめ記載してある資料のことを、シラバスと呼びます。この資料には、どの時期に、どういった分野の学習を、どのような方法で行なうのかといった情報が明確に記載されています。したがって、学習者である生徒は、シラバスの内容をチェックすれば、自分自身で学習計画を立てることができます。

ラテン語に由来して名づけられたと言われるシラバスは、当初、「教授要目」という日本語に翻訳され、わが国で普及し始めたという歴史的経緯があります。米国に於いて、シラバスは学生による大学間の単位互換制度利用時などに使用されていますが、近年になって、わが国でもシラバスの作成や公開を行なう私立中学・高校が多く登場してきています。シラバスを利用することで、学習者である生徒は、現在実施されている授業を、漫然と受けるのではなく、中長期的な視野を持って自分自身でスケジュールを作成し、学習に取り組むことが可能となります。