自己推薦入試って?

入学試験の形態には、複数のバリエーションが存在します。そのような状況の中で、一般的な筆記試験ではなく、自己推薦入試によって、中学受験を突破しようと考える人も見受けられます。自己推薦入試は、読んで字のごとく、自分で自分を推薦するというスタイルの入学試験になります。

それらの推薦入試のことを正しく理解し、自分自身の適性やニーズ、希望条件を考慮に入れた上で対応すれば、中学受験にチャレンジする上で一つの選択肢になることは間違いありません。しかしながら、それらの事柄を軽視して、受験準備にかかるエネルギーや時間、コストを節約したいからなどという発想で推薦入試に臨むと、思わぬ失敗をするリスクが高まるので、注意する必要があります。

例えば、英検や漢検の資格が必要条件とされている自己推薦入試があります。それらの試験では、必要な資格があれば、ほぼ無条件で合格することから、国語・算数・理科・社会の四科目を勉強よりも楽だと考えて、検定の資格を取る勉強をする人も存在します。しかし、そのような消極的な考え方では、一科目だけの勉強は飽きが来たり、意外に資格試験の難易度が高かったりして、途中で挫折するリスクが高くなります。