回し合格とは何か?

回し合格や廻し合格、スライド合格といった用語が、中学受験の関係者の間で使用されるケースが存在します。これらはいずれも、受験した学校で、志望した特定のコース(クラス・学科)で不合格となったものの、自動的に他のコース(クラス・学科)で合格となることを意味します。

こちらのシステムが機能する場合、入学試験が実施される段階で、複数のコースなどが設けられており、試験の結果が出た後に、上位から下位のコースなどへとスライドして合格する事例が多く見受けられます。また、それとは逆に、一般コースから特進コースへといったように、下位から上位へとスライド合格するケースも存在します。

この制度は、総合選抜や第二志望以下の学科・コースを指定することが可能な公立校に於いて機能する場合があります。その内、総合選抜では、合格者の決定にあたっては、入学試験の成績以外の地理的利便性、科目ごとの学力が均衡しているかどうかなどといった条件が考慮されます。

また、公立校では、第一志望から第二志望へとスライド合格すると、入学しなくてはいけないというケースがほとんどですが、私立学校の場合には、出願時に設定すれば、特進コース以外を併願にすることも可能となります。