内進生などの情報

内進生や中入生、内部生、外進生、高入生、外部生といった中学受験の関連用語が用いられるケースがあります。中学の受験を考えている人は、それらの言葉の意味・用法を理解した上で、志望校を決定することが大切です。それらの中で、「外進生」「高入生」「外部生」とはいずれも、外部から入学試験を受けて高等学校へ入学する生徒のことを意味します。その一方で、「内進生」「中入生」「内部生」はいずれも、附属中学校などから進学する生徒を指します。

最近では、完全中高一貫教育体制を敷き、高校入学の段階では、外部からの生徒募集を行なわないという学校も存在します。また、高校入学時に外部生を募集する中高一貫校でも、附属中学校などの生徒は、中学の段階で、高校一年程度までの先取り学習を行なっているケースが多く見受けられます。そういった事情から、入学時点で、内部生と外部生との間に大きな学習進度の差が見られるケースが多いという問題が生じてきます。そのような問題を解決するために、内部生と外部生を分離したクラス編成を行なうケースが多く存在します。志望校を決定する上では、中高一貫教育体制の有無や、内部生と外部生の占める比率などを考慮に入れることをおすすめします。