専願と併願の違い

第一志望の学校へ入りたいという気持ちは、中学受験を控えて、その準備を進めている生徒の誰もが持っています。とは言え、入学試験では、その願いをかなえることができるとは限らないのが実情です。入学試験へ臨むにあたっては、そうした事情を考慮に入れて、専願と併願を使い分けることが大切になります。その内、専願とはその名の通り、第一志望の学校だけに願書を提出することを意味します。その一方で、併願とは読んで字のごとく、複数の学校へ出願することを指します。

専願の場合、併願よりも有利な条件で、第一志望とする学校の入学試験を受けることができます。そういった事情から、第一志望校に合格する確率が上がるのは、専願のアドバンテージと言えます。ただ、その一方で第一志望校の入試で不合格となった場合、中学浪人となってしまうリスクが高まるという問題が存在するので、注意する必要があります。

一方、併願の場合には、専願と比較して、第一志望校への合格率は下がるものの、チャレンジ校や実力相応校、安全校といった学校を上手に組み合わせて、受験することができます。その内、安全校を早い時期に受験し、合格を決めておけば、後の試験をゆったりとした気持ちで受けられます。