足切りのある試験

ほとんどの場合、入学試験のある学校では、受験した全ての科目の合計点によって、合否判定が行なわれます。ただ、中には、受験科目の合計点が合格ラインに達していても、科目ごとの基準点を一科目でも下回っている場合には、不合格にするという方法で合否判定を行なっている学校も存在します。そのように、科目ごとに定められている基準点のことを、足切り点と呼びます。

足切り点は、全教科の学力が均衡しているかどうかをチェックするために設けられています。そういった事情を考慮すると、足切り点の設定されている試験に臨む際には、弱点分野の補強に力を入れ、苦手な科目を無くしておくことが、大切な条件になると言えます。

ただ、足切りが行なわれる場合でも、設定されている合格ラインは、決して高いものではありません。したがって、科目ごとの基準点に達しない場合、全科目の合計でも合格ラインに満たないというケースがほとんどです。

とは言え、科目ごとの学力のばらつき具合によっては、足切りの有無や、その合格ラインをあらかじめ知っておくことが大切になります。中学の受験を控えて、準備を進める上では、足切りに関する情報をチェックし、自身の特性に照らし合わせてみることをおすすめします。