調査書の提出について

世間には、入学試験を行なう中学校の中に、内申書のような役割を果たす調査書を提出するよう求めてくるところが存在します。この書類は、通い先の小学校長が作成します。調査書の用紙には、通常の場合、小学校で指定されたものが使われますが、受験する中学校から指定されたものが用いられるケースも見受けられます。また、調査書だけではなく、通知書のコピーの添付を求められる場合もあれば、通知書のコピーだけで良いケースも存在します。中学受験に際して、調査書の提出が求められる場合には、書類を作成するための日数がかかります。そういった事情を考慮して、願書の提出までに間に合う時期に、学校への依頼をしておくことが必要となります。

そのように、受験する中学校へ提出する調査書や通知表には、欠席や遅刻といった進級・卒業に関係してくる情報が記載されています。自らの志望校が、合否判定に際して、欠席や遅刻の回数、理由を重視するのかどうか気になるという人には、あらかじめその学校の説明会へ参加して、担当者に質問しておくのがおすすめです。受験に際して、調査書の提出が求められる場合、本番の学力試験の結果のみならず、通い先の学校における日々の生活状況もチェックされることになります。